【‥dynapocket T-01A

【‥dynapocket T-01A カテゴリーのすべての投稿

powered by battery"S" /part:02

投稿日: 2012年6月16日 | 投稿者: 愛莉

前回の記事で書いたバッテリーと同じ日に買ったのがデュアルバッテリチャージャーとやら。
海外のどっか知らないメーカー製ですがこれが中々面白くて、当たりなら便利だなーって感じで購入。

お品はこちら。

P1040077

電源供給は基本USBから、表と裏の両方にバッテリ装着が出来る充電器です。

P1040080

こちらが裏面。

ちなみにこの充電器、表が”charge”で裏が”discharge”となっています。
結局のところ何が出来るのか。 これがまた中々面白い付加機能が付いてるのです。
なんとこれ、外部からの電源供給がされていない状態で”discharge”側に充電されたバッテリを装着、”charge”側に充電したいバッテリを装着すると”discharge”側バッテリから”charge”側バッテリへの充電が出来るのです。(トランスポート充電とか言うらしいです。)

それは置いといて。

P1040081

横から見るとこんな感じ。

P1040082

端子は可動式。
これでバッテリのプラス端子とマイナス端子に各端子を合わせて通電させます。

あとはバッテリのサイズ合わせ。
このままだと

P1040090

このようにサイズが合いませんが、下の土台(?)の部分を

P1040085

ぐるんと回し

P1040091

引き伸ばし

P1040094

バッテリを置いて端子を合わせ、指を離すと

P1040095

がっちりロック、ランプも点いたので通電もおkのようです。

P1040096

“discharge”側にもバッテリを装着して

P1040100

USBからの給電ケーブルを刺します。 するとー

P1040104P1040105

“charge”側、”discharge”側共にステータスランプが赤(っていうよりオレンジに近い感じ)に光ました。
多分充電は大丈夫っぽいです。

P1040108P1040110

2つの他機種バッテリの同時充電も問題ないみたいです。
いやーこれは面白い。

ちなみにこれ、充電に結構時間がかかります。

一応商品紹介ページにこの様な記載がありました。

【ユニバーサル充電器の充電方式について】

本製品は、安全の為、定電圧・定電流で時間をかけて充電を行い Li-ion電池の規定最大値4.2V付近を検知し満充電と成ります。
一定時間が経過している劣化の進んだバッテリーの場合、純正や急速充電器と比べて期待するレベルまで充電する事ができない場合があります。
これは、一定期間使用された電池や何らかの理由で劣化が進んでいる電池に低電流・低電圧で充電した場合、 電圧のみが規定値に早く到達してしまう特有の現象が発生する為です。(劣化の進んだ自動車用バッテリーと似た性質です)
ご利用の条件により期待するレベルの充電量が得られない場合もございますが、Li-ionバッテリーの特性、並びに本製品の安全上のシステムの為、悪しからずご了承下さい。

との事で、色々調べてみたところ、純正等の一般的な充電器では

大きめの電流で一気にバッテリを充電

電圧が規定値に近づいてくるにつれて電流量を落とし、充電のペースダウン

充電完了

という感じで充電してるらしいです。
それに対してこの充電器の場合

弱めの電流で時間をかけて少しずつバッテリを充電

充電完了

という流れのようで、純正充電器で行う場合より時間が掛かる事が分かりました。
そんな感じでゆっくり待って、充電完了。
次の日学校で使って確認しましたが、問題無く充電されていました。

いやーしかし何回も言いますがこれは面白い。 そして便利。
バッテリ浪費生活が捗ります。

powered by battery"S" /part:01

投稿日: 2012年6月14日 | 投稿者: 愛莉

さて、以前から考えていたことでしたが、T-01xはスマートフォンなので、ガラゲーよりもバッテリをたくさんmogmogします。 当然ですね。
そんな事情もあり、以前からサブのバッテリが欲しいなーと思っていました。

取りあえず持っているT-01x用バッテリはT-01A付属のバッテリと先日購入したT-01B付属のバッテリ2本。
そしてT-01A付属のバッテリは2年ちょっとずっと使い続けてる事もありだいぶへたってきてます。 (それでもLGのL-03B付属のバッテリよりはかなり優秀ですが・・・)

という訳で色々考えてると

TS-BTR008_rakuten_auction

おっと・・・
これは・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040038

気が付いたら手元にありました。
取りあえず3個出品されてて1つ辺りかなりお安いなーと思ったので3つ一気に落札しちゃった感じです。
配送は速達メール便でお願いしたので払込翌日にはもう届いてるってアレ。
大阪→広島とはいえこのスピードはさすがヤマトさん。

て訳で色々比較とか。

P1040040

右がT-01B付属のバッテリ、左が今回購入したバッテリです。
型番はdocomo版がT02で外国版がTS-BTR008、容量等規格は同じの模様。

P1040051

裏面。
外国版は日本では見慣れない表示がずらずら。 てか右下の警告表示があの言語。

P1040049

製造ロット。 あとラベルに”do” の記載があるのはdocomo向けバッテリ。
SGAロットが多い模様。

P1040055

そのままだと識別するのが無理ゲーなので自分で識別記号付けました。
ちなみに識別ルールは

購入時期 > 製造ロット

を基準としました。 詳細は以下の通り。

identification lot explanation
A SGA T-01A付属品。 へたっている為AC運用専用。
B TEC T-01B付属品。 多分最も最近製造された物。
C SCA 今回購入したバッテリ。 多分最も昔製造された物。
D SGA 今回購入したバッテリ。 製造時期はAと同時期?
E SGA 同上。

という感じで、基本的にAはACアダプタをさしっぱの状態で使う時(テザリングとか長時間お部屋で端末触る時とか)用で、普段はBから順に使っていき、場合によってはAを最後に使用するって感じで運用しようと思っています。

P1040057

当然ですがそのまま書くなんて馬鹿な真似はしません。
ちゃんとセロテープを綺麗に切って貼ってその上から書いてます。

P1040041

取り付けて

P1040042

起動確認、おk。

という訳でバッテリが5つに増えました((
これで普段の生活でバッテリに困ることはないでしょう。

次回はこれに合わせて購入したバッテリ充電器について書こうと思ってます。

Contract with me and become a magical girl!

投稿日: 2012年6月12日 | 投稿者: 愛莉

という訳で今までずっとずっと契約したかったmopera U
その第一の理由は当然

P1040002

T-01Aを初めとするWindows Mobile端末からのインターネットアクセス環境が欲しかったからです。
勿論以前からちょこちょこお話していた日本通信の”b-mobile SIM”も使っていました。

P1050004
※注意:このFOMAカードはあくまで購入した中の一部です。

しかし最近人が増えてきたからか、BE300kbpsが実測で100kbpsすら出なかったり、毎月2,980円の出費は通信サービスとしては安いとはいえ辛かったり・・・
・・・てか累計でどれだけ買ったのよ私。

というわけでお父様にdocomoの公式ISPであるmopera Uについて

交渉。

私「あのねーi-modeのねーISP契約をねーmopera Uにねー切り替えてほしいんだけどねー」
父「考えとく」

—いつまでも返答がない—

~数週間後~
私「お願いしてからめちゃくちゃ時間経ってるけどmoperaの件どうなったー?」
父「お小遣いから差額控除で良いなら良いよ」

うぇええええええええええええええええええいwwwwwwwwwwww

そこから一生懸命料金プランやらなんやらをお勉強し、差額は約1000円に収まるという結論に。
b-mobileよりも圧倒的に出費が安くなるし、しかもFOMAを7.2Mbpsで使える・・・!
これは胸が熱い・・・っ!

私「差額とかこんな感じになるはずです。」(メール)
父(返信無し)

—さらに返答なし—

~6月入って~
私「めちゃくちゃ待ってるんだけどさーいつ頃契約してくれるのー?」(メール)
父(返信無し)

そんなこんなでアレなのでお母様に連絡、お父様に連絡の催促をしてもらうようにお願いしました。

するとお母様「なんか差額が4000円くらいになるとか聞いたよー?」

はっ?

いや無い無い

お父様に連絡。 いい加減docomoショップ行ってきてくれ。

そして

6月5日(火曜日)

時は夕方、私は学生相談室で面談中でした。
突然の電話。 発信者はお父様。

私「ちょっと失礼しますね」
カウンセラーの方「あ、どうぞどうぞ」
私「はい西垣です。」

どうもお父様、docomoショップへいらっしゃるようです。
内心(やっとか・・・)という気持ちと(おっwwwおっwwwこれwwwwwwwww)って気持ちが入り混じって何とも言えない感じでした。
で、やはり差額が何千円かかかると言われ??となった私は

私「docomoショップの店員さんとお話し出来る?」
父「おk」

で、数回の通話に分けて色々お話。
話の内容を全部書くとめちゃくちゃややこいので簡単に言うと

  • 私の考えてた契約形態だと音声通話が出来ない。
    出来るような契約にすると月4000円程料金が上がる形となる。
     (データ通信専用プランの為)
  • docomoショップのお姉さんも私の使用方法が今一つ分からず
  • 利用端末がT-01Aである事を言うと色々理解してくれた。
     まさか即座にT-01Aが理解できる店員さんがいるとは・・・!
  • 今回の場合、スマートフォン定額として契約して、PCからのインターネットアクセスは行わないという形が契約上ベターなプラン。(後述)
  • mopera U スタンダードプランとライトプランのどちらにするか
  • 私の疑問:スタンダードプランで付与されるメールは他キャリアからPCメールとして弾かれないか
     →調べてもらった結果弾かれるとの事。

こんな感じです。
といった感じで色々話した結果

  • mopera U ライトプラン(月額315円)
  • パケ・ホーダイ フラット(月額5250円)
  • i-modeは来月から解約(後述)

という内容で契約変更する事に。

で、その後。

私「ネットワーク暗証番号はー?」
父「聞くの忘れてた。」

おいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!
mopera Uの初期設定できんじゃんかあああああああああ!!!!!!!!!!!

て訳で6月6日。

色々契約内容を考え直してる内に

(あれ、ISPセット割使えばi-mode解約しなくてもISP料金変わらないんじゃ・・・)

って思い出しました。
ただ、以前からの疑問で、複数ISPからFOMA回線を用いて通信すると、パケ・ホーダイ料金が倍額とられるんじゃないかという疑問がありました。
もしこれが倍額とられなければ、月額5250円でi-modeからもmopera Uからも通信が出来るという事になります。
これが4時間目の授業の途中。 内心(あー早く授業おわってよー!)って感じ。

で、

お昼休み

速攻でお昼ご飯食べて誰もいない校庭で”151″とダイヤル。 docomoの窓口。
思ってたよりもすぐに担当のお姉さん出た。 お昼の方が混んでると思ったんだけど逆なのかしら。

私「ぐちゃぐちゃ(質問内容を分かりにくく伝える)」

その結果

パケ・ホーダイの月額使用料は変化しない・二重課金はされないことが分かりました!
長年の疑問がやっと晴れた!

そしてお父様へ速攻電話。

私「ごめん、ネットワーク暗証番号聞きに行くついでにi-mode契約継続にしといて!」
父「いいけど次行けるのいつになるか分かんないからね」

で通話終了。
期待に胸を膨らませながら

6月7日(木曜日)

お昼休みにdocomoからのメッセージRが。

「ネットワーク暗証番号の変更手続きが完了しました。・・・」

あ、お父さん行ってくれたんだーわーい
てな感じでお父様からの連絡を待っていました。

それは写真部のミーティング中でした。
写真甲子園(コンテスト)への応募チームの選抜品評会。
ちなみに私、これの選抜チームに選ばれました!ワードンドンパフパフー

で、その会議中にメールが来ました。

ネットワークパスワード…xxxx

i-modeは継続にしてあります。

補助バッテリーは・・・←別件

APN:mpr2.bizho.net

きたああああああああああああああああ!!!!!!
これでmopera Uでの通信が出来るうううううううううううう!!!!!!!!!!!

で、写真部の写真提出の手続き書類書いたりして夜8時前に帰寮!
そして

初期設定作業

を始めます! これまたいつも通りだらだら長いので続きは以下から。

この投稿の続きを読む »

投稿後記

投稿日: 2011年2月6日 | 投稿者: 愛莉

と言うわけで、moBlogでの投稿後記です。

とりあえず、改行は一行につき一行改行。
二行改行にはなりません。

あと画像ですが、どうやってもサイズ調整はできないみたいです。

“Edit Option”内の”Insert Imageから画像を選択すると自動で

といった感じでタグを挿入し、”Publish”時にアップロードしてくれます。

が、ここに思いつく限りのサイズ調整タグを挿入し試しましたが、無理でしたorz

で、先程も言ったように、SIPを出してもウィンドウがリサイズされないので、書いている途中から文章がキーボードに被って見えなくなります。

↓これが↓


こうなります。
ですので、テキストエディタで文章入力、それを貼り付けて、投稿する画像があればmoBlogで挿入といった方法が快適そうです。

そんな感じですが、便利なので使い続けようと思います。

moBlogでの投稿テスト

投稿日: 2011年2月6日 | 投稿者: 愛莉

タイトルの通り、Windows Mobile用ソフト、moBlogでの投稿テストです。
改行とかいろいろこの記事で試してみます。

なかなかいい感じですが、SIPを出してもウインドウサイズが変わらないのは少し不便です。
でも、手軽に記事を書けるので良いですねw

ではこれで。

忘れてました・・・

投稿日: 2010年12月11日 | 投稿者: 愛莉

前回のWindows Mobile起動画面の画像を未だにSkyDriveにアップロードしてなかったんです。。。

本当に申し訳ないですorz

前回の記事にリンクを張らせていただきましたが、こちらにも一応載せておきます。

よろしければ使ってください。

Windows Mobile boot screen images (zip archive)

Windows Mobileの起動画面用画像

投稿日: 2010年12月4日 | 投稿者: 愛莉

前回投稿文の記事に書いてあった、試験勉強ができなくなった理由の一つである「スマートフォンの障害」。

これは、この画像を設定しようとしたときに起こったんですね。

最終的にはこれ以外の原因で障害が起こってたんですけど(汗

というわけで、Windows Mobileの起動画面用の画像を作ってしまいました。

試験まっただ中に作ったんですけどねw

今回の制作物の全部がWindows 7がベースになってる気がするのはあなたの気のせいです。

あと、Facebookから拾ってきたのがベースになってばかりなんですが・・・

元画像の製作者様、何か申し訳ないです。。。

まず、標準での起動画面。

Windows Mobile version 6.1だと

Windows_Mobile_6.1

で、6.5だと

Windows_Mobile_6.5

と、見覚えがあるものが入っているでしょうか?

で、ここからは今回の制作物の紹介。

一番いい感じにできたのはこれですね。

P1010016

Facebookに投稿されてた壁紙(7とVistaを混ぜた素晴らしい画像)をいじって、Windows 7とWindows VistaとWindows Mobileのイメージを一つに無理矢理まとめた起動画面。

よく見てみてもらえばわかると思うのですが、Windows Mobileのイメージであるサークルも入ってます。

横画面にするとサークルが見えないのは諦めてくださいあなたの心がきれいじゃないからです、きっと。

で、次。

P1010015

こっちはWindows Mobileのテーマ色である緑色+またWindows Mobileのサークルな起動画面です。

6.1を使っていた方であれば違和感があんまりないかもです。

こっちは後付けのサークルの上に下地になってるWindows 7の壁紙のWindowsのロゴやら光のラインをかぶせるのが割と面倒くさかったですw

で、後は超手抜きの一枚。

P1010005

元の画像にWindowsのロゴ文字を張り付けただけという。

言って、配置は結構考えたんですけどねw

以下welcomehead画像です。

あと、私はWindows Mobile 6.1ユーザなので考えずに作ったんですが、アップロードするにあたって、”Version 6.1″の文字は消さないと、ほかのバージョンの人にとってしっくりこなくなるわけですよ。

で、修正しようと思ったわけですが、よりによって一番力作の作品のレイヤーが・・・結合・・・され・・・てる・・・・・・?

ので、Windows Mobile 6.1以外のバージョンを使ってる方以外でこの画像を使いたい人は、そのままで良いやって使っていただくか、諦めてくださいです。。。

あと、設定したい人は、画像の後にあるリンクからSkydriveにある画像セットをダウンロードしてそれを利用すること(サイズがおかしくなってるかも)と、設定方法が分からない人は画像の後にある説明を読んで下さい。

mixture_of_7_and_vista_and_mobile
Windows Mobile boot screen “mixture 7 and Vista and Mobile blue version”
for Windows Mobile version 6.1

win7mobile02
Windows Mobile boot screen “mixture 7 and Mobile green version”
for Windows Mobile version 6.1

win7mobile02
Windows Mobile boot screen “mixture 7 and Mobile green version”
for Windows Mobile

win7mobile01
Windows Mobile boot screen “7 dark version”
for Windows Mobile

で、画像セットはまたSkydriveにアップロードしてますので、よろしければ使ってくださいです。

Windows Mobile boot screen images (zip archive)

さて、使用方法ですが、使い方は至って(?)簡単。

当然ですが

何らかの不具合があっても保証できないので、自己責任で

お願いしますねー

ではでは。

まず、利用したい画像ファイルのファイル名を”welcomehead.192.png“に変更します。

次に、GSFinderなどのファイラー(標準搭載のエクスプローラだと書き換えられないっぽい?)で、先ほどリネームしたファイルをコピーor切り取り指定しておきます。

で、そのままWindowsフォルダへ移動し、張り付けをします。

すると、「上書きしておk?」と聞いてくると思うので、上書き許可してあげてください。

で、上書きが終わったらファイラーを終了、端末をソフトウェアリセット(再起動)してください。

で、起動するときのWindowsの画面が、差し替えた画像に変わっているはずです。

これで終わりです。

元の画像をとっておきたい方は、Windowsフォルダ内にある”welcomehead.192.png”をMy Documentsやら外部メディアやらにコピーさせておいてください。

戻したくなったらこれをWindowsフォルダ内に放り込んでやれば元に戻ります。

自分で作るのであれば、800×800のPNG形式画像を作ってやればおkです。

お試しあれ~

おまけ

久々に見たこの画面orz

P1010013

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。